それまでの明日(原尞著 早川書房)

 2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵沢崎が主人公のシリーズ第6作を紹介します。

 物語 渡辺探偵社の沢崎のもとに現れたのは、紳士的な雰囲気をもつ男性望月。金融会社の支店長で、融資に関する調査として、ある料亭の女将の身辺調査をしてほしいというのが依頼だった。社内の派閥争いが絡んでいる案件なので、報告の連絡は極力避けてほしいと念を押され、1週間後にまた来ると言って着手金を渡し帰っていった。調査に取りかかった沢崎はすぐに、調査対象がすでに死亡していることを知り、望月に連絡を取ろうと勤務先の金融会社へ客を装い出かけて行った。そこでなんと強盗事件に巻き込まれてしまううえ、望月が行方知れずなことがわかる。依頼人に会うため行方を捜し始めるが、沢崎の調査は果たしてどんな真相を突き止めるのか。

 この著者の本も、沢崎探偵シリーズも初めて読みました。旧知の刑事や暴力団関係者はおなじみの登場人物のようですが、前作までを知らなくてもすんなり物語に入れました。主人公の沢崎は人をいらだたせるような物言いで、芝居がかっている気もしますが、いつの間にか気にならなくなっていました。喫煙シーンが多かったり、携帯電話を持っていなかったりと昭和のにおいがする独特な世界のなか、張り巡らせた伏線が、後半ビシバシと回収され、パーツが埋まっていくのは爽快です。ハードボイルドシリーズとなっていますが、沢崎も50歳を越えたからか、これまでの作品よりはマイルドになっているようです。何にもなびかず、冷静ですべてを見通したような探偵はちょっと出来すぎていますが、楽しく読めました。シリーズをさかのぼって読んでみようと思います。

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る