あきらめない津波避難

 先日、日高町と印南町でそれぞれ開かれた和歌山放送開局60周年記念事業の地域巡回防災教室を取材した。講師は和歌山大学災害科学教育研究センターの此松昌彦センター長で、それぞれの地域に応じた災害の事例などを紹介していた。

 阪神・淡路大震災や東日本大震災を受け、近年、地震や津波に対する住民の危機意識は高まっているが、そんな中でも見落としがちとなる土砂災害についても警鐘。土砂災害と言えば大雨時に発生する危険性が高いが、地震の時にも地盤が揺すぶられて発生する可能性がある。もし大雨が降ったあとに地震が来ればその危険性は一層高まると思われ、日頃からの対策や心構えが重要である。

 此松氏は地震後の避難についても「決してあきらめないでほしい」と強調していた。今後、南海トラフの巨大地震発生の可能性が高まっているが、次に来るのが南海トラフの巨大地震とは限らない。つまり、高齢者の中には「どうせ大きな地震が来たら助からないから、逃げたりしない」という人もいると指摘。しかし、もし次来る地震が南海トラフの巨大地震ほど大きなものではなかったらどうだろう。頑張ってちょっとでも高い場所に逃げていれば、津波から助かるかもしれない。南海トラフの巨大地震ではダメな場合でも、それより小さい規模の地震の津波なら助かるかもしれないということである。

 言ってみればその時の最善を尽くせということ。指定の避難場所まで逃げるのがベターだが、例えば近所の高い建物に避難するだけでも津波被害に遭わずにすむかもしれない。さまざまな想像力を働かせて、もしもの場合に備えよう。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る