JA和歌山県農が中晩柑のクラフトジュース発売へ

 由良町の木成りハッサクや清見オレンジ、不知火(デコポン)など和歌山のおいしい中晩柑類をもっと知ってもらおうと、JA和歌山県農が7種類の中晩柑の搾りたてジュース「和歌山クラフトジュース」を売り出す。手間暇をかけたこだわりの製法と味がセールスポイントで、26日には和歌山市美園町のJAビルで試飲会が開かれ、参加者からの評価も上々だった。

 中晩柑は、1~5月ごろに収穫される温州ミカン以外の柑橘類の総称で、県農では、県産の中晩柑を全国にPRするためジュースとしての商品化を企画。県内8JAのうち6JAがこのプロジェクトに参加し、JA紀州管内(由良町)の木成ハッサクをはじめ、各地域自慢の中晩柑、清見、ネーブル、はるみ、せとか、不知火、三宝柑の7種類のジュースを完成させた。

 中晩柑のジュースは、約30年前に発売されたハッサクと夏ミカンを混ぜ、濃縮還元製法で苦みを取り除いた100%ジュース「結朔(けっさく)」以来の新商品。今回は搾った果汁を遠心分離にかけず、果皮や果肉を残すストレート製法で、果実をそのまま食べているような食感やとろみ、濃厚さが味わえる贅沢なジュースに仕上げた。

 開発加工を担当した県農産物加工研究所の稲葉伸也所長によると、ストレートジュースにこだわり、濾過しないので、皮の黒い点など、製品になったとき異物に見える部分を事前にすべて手作業で取り除いているという。

 試飲会には、近畿大学生物理工学部、県工業技術センター、県うめ研究所、農園関係者や飲食店オーナーらが多数参加し、由良町からは地域おこし協力隊の桃尾郁さん、橋本美奈さんも応援に駆けつけた。参加者は7種をそれぞれ味わい、アンケートを記入。木成ハッサクは「ハッサクらしい苦味と香りがある」、はるみは「生を食べているようで、甘くておいしかった」などと好評だった。

 晩柑はよく食べているという田辺市出身の県職員田ノ岡朋子さん(31)は「どれもおいしいですが、木成ハッサクは衝撃でした。苦味、酸味が強く、これは大人の味だと思います」と笑顔。製造を行う和歌山ノーキョー食品工業㈱=田辺市=の清水良藏農産加工本部長は、「7種の中晩柑のそれぞれの特徴やおいしさを存分に味わえるジュースができました。広くPRしていきたい」と話している。

写真=木成ハッサクジュースをPRする由良町地域おこし協力隊の橋本さん㊧と桃尾さん

関連記事

フォトニュース

  1. よいしょっと

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る