高麗屋の襲名披露公演

 先日和歌山県民文化会館で行われた「松竹大歌舞伎」、二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎襲名披露公演を鑑賞した。20年前、1999年に歌舞伎ファンとなって以来、幾つもの舞台を見てきたが、役者が裃姿でずらりと並んで口上を述べる襲名披露の公演はまた格別だ◆白鸚丈の舞台を生で見たのは十数年ぶり。やはり和歌山県民文化会館で、「勧進帳」の弁慶だった。ロックスターのようなシャープな動きが今も目に浮かぶ。幸四郎丈も十数年前、大阪松竹座で確か「恋飛脚大和往来」の八右衛門を見た。悪役だがすっきりと粋で存在感があり、目が吸い寄せられる思いだった◆今回の演目は口上のほか「菅原伝授手習鑑」、そして和歌山に縁の深い「奴道成寺」。「京鹿子娘道成寺」の男性版だ。鐘供養の場に現れた白拍子花子、実は狂言師の左近が僧達に踊りを見せ、鐘に隠された宝物を手に入れる。生の舞台の醍醐味は、舞台上の役者の一挙手一投足を冷静に見るのでなく、その動きと声音、存在感によって生まれる独特の空間の中にいられること。3つの面を次々に取り替えながら踊る、そのユーモラスな動きで時に笑いを誘い、時に素早く気迫のこもった動きで見惚れさせる◆歌舞伎は役者一人一人の創造力と情熱で、それぞれの花を舞台に咲かせてくれる。白鸚丈は白鸚丈の、幸四郎丈には幸四郎丈の、それぞれの色合いの花がある。それが歌舞伎の面白さであり、様式美を楽しむ伝統芸能にとどまらない、進化し続ける第一級のエンターテイメントでもある所以だろう◆代替わりが無事に行われることは喜ばしく、祝福すべきこと。高麗屋親子の舞台の余韻にひたりながら、あと2週間足らずに迫った平成から令和への移り変わりを思っている。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る