連休には日高の魅力を

 27日の土曜日からゴールデンウィークが始まる。ことしは最高で10連休になる人も。旅行などを計画している人も多いだろうが、一方で、あまりうれしくないという声もある。

 時事通信が実施した「10連休に関する世論調査」では4割が「うれしくない」という回答。理由は「仕事を休めそうにない」、「家事などの負担が増える」、「仕事に支障がある」など。仕事を休めない人にとっては道路が込んだりするため、いいことがないだろう。飲食業などに勤めている人は忙しくなるだろうし、毎年、大変と感じる。筆者も取材などがあるため、丸々休めるのは3日間くらいになりそうだ。

 アンケートでは連休の過ごし方について「家で過ごす」という人が多かった。連休中はどこに行っても人が多く、道路は渋滞し、宿泊施設などは割高になるため、出かけたくない気持ちはわかる。ただ、近場のレジャーや観光施設ならどうだろうか。

 日高川町初湯川ではきれいなフジの花を楽しみながらウォーキングできる藤棚ロードが人気。ことしは開花が遅れていることもあって、このまま順調にいけば連休中に見ごろを迎えるとみられている。

 同じく日高川町鷲の川の釣り堀でアマゴ釣りも楽しめる。取材がてら釣りをしてみたが、ことしは例年以上によく連れ、中には50匹以上釣れたという人も。バーベキューセットの貸し出しもあり、釣りたてをその場で食べる人の姿も。何より、自然の中で川のせせらぎを聞きながらのんびりと釣りをすることで、リフレッシュできた。

 このほか御坊市野口や美浜町の煙樹ヶ浜でのキャンプ、各地の温泉など、日高地方でも楽しめるスポットがたくさん。この機会に地域の魅力を満喫しよう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る