知らない通知に慌てない

 先日、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)に未登録の番号から「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。下記(URL)よりご確認ください」というメッセージが届いた。カメラを修理に出しており、宅配便で受け取る予定はあったが、早すぎる。しかも家にいるときだったため「不在」ではない。インターネットで調べると、これは荷物の不在通知を装って端末情報を抜き取ったり、コンピューターウイルスに感染させたり、詐欺をはたらいたりする「偽メール」。皆さんも気をつけてもらいたい。

 以前にも、「家に荷物が届くから受け取っておいて」と頼まれたあとに、同じようなメッセージが届いたことがある。そのときは仕事からの帰宅中で不在だったが、自分宛てではなかったので、URLをクリックせずに無視。振り返ると危ないところだった。いずれも心当たりがあるタイミングで届くメッセージ。怖くなって会社で話すと、「私も!」という社員もいたが、「たまたま」という意見もあり、偶然だと思うようにしている。

 御坊署管内で実在しない「訴訟通知センター」をかたり、うその訴訟をうたう架空請求詐欺目的とみられる不審な郵便はがきが相次ぎ送られている。同様のはがきは一昨年末ごろから増え始め、一時は減っていたとみられているが、先月ごろから急増。同署は、相談に来た人のはがきをコピーし、原本は持って帰ってもらって、周りの人に見せてあげてとしているそう。心当たりがあっても、身に覚えがなくても、いずれにしても慌てないことが重要。落ち着いて詐欺を見破ろう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. お元気ですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る