県議選 日高郡の4候補も票求め奔走

 県議選日高郡選挙区(定数3)では、花田健吉(60)、冨安民浩(71)、坂本登(72)、玄素彰人(45)の4候補がくまなく街宣カーを走らせ、激しい舌戦を展開中。31日の選挙サンデーでは、街頭での演説や握手でのスキンシップ作戦などを行った。今後もはがきや電話、SNSなどあの手この手で支援を訴えていく。

 花田陣営は31日の午前中、地元の印南町、午後はみなべ町で精力的に街宣。印南地内では防災や一次産業の振興を訴え、「もう一度、県政へ送ってください」と力を込めた。今後も郡内を地道に回り、支持拡大を図る。

 冨安陣営は31日、旧川辺地区を重点的に街宣カーで回り、JR和佐駅前や土生会館前での演説では多くの支持者が集まった。最ベテランで前評判がよい分、上滑りを警戒。陣営を引き締め、今後も精力的に各地を回る。

 坂本陣営は31日、印南町や日高川町、みなべ町内の高城地区や清川地区を中心に街宣車を走らせた。途中、車を止めて支持者らに握手するなどのスキンシップも。今後は街頭演説なども行い、支持を呼びかけていく。

 玄素陣営は31日、印南町内を候補者本人が歩いて回り、地元固め。今後は街頭演説も行っていき、「有権者に選択肢を示すとともに、元気のない地域を何とかしたいとの思い、政策を訴えていきたい」としている。

関連記事

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る