県国際交流協会が外国人労働者を映像で紹介

 県国際交流協会は外国人労働者に対する理解を深めてもらうことを目的として、外国人が働いている県内の製造業や介護施設など4つの事業所の映像を制作し、インターネットの動画共有サービス「YouTube」に投稿した。

 和歌山県は明治から昭和初期にかけて、多くの人が移民として海外に渡ったが、現在では少子高齢化による企業の労働力不足が深刻。今月からは改正出入国管理法が施行され、製造業や建設業、介護など特定の分野で外国人労働者の受け入れが拡大され、県内でも今後、地域の企業で働く外国人が増加するとみられている。

 今回、県国際交流協会が投稿した映像は、紀の川市の協和プレス工業、和歌山市の介護老人保健施設パインドームなどで働く外国人労働者の仕事ぶりや事業所の上司、仲間の声を撮影、収録。日高地方関係では御坊市島のプラスチック成型品、麻雀製品製造で知られる大洋化学㈱(上西一永代表取締役)の映像が紹介されている。

 ベトナム人のグェン・フィ・ティさんは金型の技術者になることを目標に、大洋化学で働き始めて約1年。現在は製品の検査業務を主とし、品質や成形の技術を習得しているという。工場での仕事の様子やレクリエーションのもちつき大会の風景も挿入。グェンさんは女性レポーターからインタビューを受け、カタコトの日本語ながら「仕事はちょっと慣れました。ビザはあと4年で切れますが、その後もたぶん、日本にいたいと思うようになっていると思います」と笑顔で答えている。

 大洋化学の動画のタイトルは「外国人労働者映像制作事業 (公財)和歌山県国際交流協会 第3回 大洋化学株式会社様」。URLはhttps://youtu.be/d867Uen8nCw

関連記事

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る