由良でアカモクの収穫・加工始まる

 由良町戸津井と小引の海に群生する天然の海藻「アカモク」の収穫と加工が23日、スタートした。

 アカモクは紀州日高漁業協同組合が2016年、県内で初めて商品化。ネバネバ、シャキシャキとした食感が特徴で、近畿大学の研究で豊富な栄養素や美容効果があることが分かっており、人気が出ている。

 この日は180㌔分を収穫し、衣奈漁港の水産加工処理施設で加工。水洗いしたり、湯がいたりしたあと、専用の機械で細かく刻んでいった。刻む作業は2回行うことで、より一層粘りがでるという。

 加工されたアカモクは機械でパック詰め。ことしはマイナス60度の急速冷凍装置も導入し、より一層高い品質を維持できるようにした。

 収穫は5月中旬まで行い、総収穫量は昨年の4・39㌧を上回る5㌧を目標にしている。同組合の中村和孝さんは「昨年の台風の影響で磯がひっくり返っており、もしかしたら収穫量は減るかもしれないが、ことしのアカモクは色がよく、粘りも強くていいものができている」と話している。100㌘入り300円、500㌘入り1300円で販売。スーパーマツゲン用に80㌘入りも作る。

写真=専用の機械でアカモクを刻む

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る