猫弁(大山淳子著 講談社文庫)

 以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹介します。

 物語 39歳の心優しい弁護士百瀬太郎は天才的頭脳の持ち主だが、ボサボサ頭に古い黒ぶちメガネと冴えない外見で、お見合い30連敗中。かつて全国的にも注目を集めた「世田谷猫屋敷事件」の裁判を担当し、その天才的頭脳と優しい心根で弁護に臨んで、大量の猫を含め関係者を全員幸せにしたという輝かしい実績がある。しかし、そのおかげでペットに関するなんでも相談が事務所に山のように持ち込まれ、まともな仕事ができなくなってしまった。事務所には引き取った猫が11匹で、「猫弁」とあだ名される始末。そんな折、おかしな難題が舞い込んだ。「霊柩車が盗まれたので、取り戻してほしい」というのだ…。

 犯罪が起こるとはいえ、ミステリーというには当たらないかもしれません。ともかく楽しさ満載でキャラクターが魅力的。といっても単なるほのぼの系ではなく、計算され尽くした設定には並々ならぬ知恵が使われています。伏線がきれいに回収されるラストもすっきり。

 主人公の百瀬は金田一耕助を現代によみがえらせた感のあるおとぼけキャラで、自分の身の周りに関する日常業務の無能ぶり、事件への洞察力を発揮する時の天才ぶりの落差が読んでいて楽しい。

 シリーズは「猫弁と透明人間」「猫弁と指輪物語」「猫弁と少女探偵」「猫弁と魔女裁判」と、全5作。最終巻で、百瀬を施設に預けて行方をくらました母親の謎も解けて、完全に大団円を迎えます。

 最初の2作がそれぞれ2時間ドラマになっていますが、個性的なキャラが多いので、むしろ連続ドラマでじっくりやってほしいです。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る