曽根酒店 爽やかな香り「夏の生酒」

 昼間は汗ばむ季節となりましたね。これからの季節にオススメの「夏の生酒」が曽根酒店に入荷しています。

 冬から春先にかけて搾られたお酒のフレッシュさを大切に、いっさいの火入れをせずに低温熟成させ本生でお届けするのが「夏の生酒」。ほどよく落ち着いたなめらかで軽やかな口当たり、爽やかな香りと清涼感あふれるみずみずしい味わいが魅力です。

 同店で販売している生酒をご紹介。

 飛良泉(3132円、秋田)はリンゴ酸の強い印象に加え、生酒ならではのフレッシュな味わい。浦霞(2959円、宮城)は苺を思わせる香りとスッキリした甘み。男山(2916円、北海道)は程よい甘みとキレのよい純米酒。甲子(3024円、千葉)は華やかな吟醸香で、ふくらみのある味わい。9(ナイン、2970円、岡山)は上品な香りですっきりした味わい。八重垣(2808円、兵庫)は旨みと酸味のバランスがよく、爽やかな喉ごし。五橋(2808円、山口)はソフトな酒質と口当たりがよく、適度な酸味があります。

 価格はいずれも税込。

 「いつも当店をご利用いただき、ありがとうございます。早くも夏の生酒をご用意いたしております。夏の生酒の魅力は、ほっと一息つかせてくれる爽やかさで、フレッシュな味わいを存分に楽しんでいただけるよう、よく冷やしてお召し上がりください。ほかにもたくさんの種類の生酒が入荷中です。夏の生酒で夏を先取りしませんか」。

写真=清涼感あふれる生酒を取りそろえ(要冷蔵)

関連記事

写真集に県スポ少日高予選軟式野球の部を追加

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る