日高新報杯ジュニアバレー 印南はまゆうが優勝

 

日高郡市ジュニアバレーボール連盟主催、本紙協賛の第19回日高新報杯兼第42回春季大会が14日、御坊市立体育館をメイン会場に開催され、6年生主体のAリーグ、5年生以下のBリーグとも12チームが参加して熱戦を展開した。新年度になって初の公式戦で、Aリーグは粘り強さを発揮した印南はまゆうAが3年ぶり2回目の優勝を飾り、南部女子Aが準優勝。Bリーグは南部男子Bが制した。

Aリーグは3チームずつ4組に分かれて予選リーグを行い、各組上位2チームが決勝トーナメントで激突。印南はまゆうAは持ち前の粘り強いバレーを展開し、拾ってつなぐバレーでリズムよく得点を積み重ねた。サーブも冴え、攻めてはセッター畑中のトス回しで笹井、坂下、稲谷のスパイクがさく裂。守っては玉置、保川が好レシーブを連発し、決勝では南部女子Aに先の日高地方新人大会決勝のリベンジを果たした。

山崎進監督は「故障で欠いたメンバーの分までよくやった。これを自信にもっとレベルを高め、県大会でも上位を狙えるように頑張りたい」と笑顔を見せていた。

南部女子Aは6年生が1人ながら、その長瀬を中心に健闘。石上貴一監督は「精いっぱい頑張った。6年生のエース以外もアタッカーとして助けられるよう次につなげていきたい」と話していた。

3位は内原が稲原との決定戦を制して入賞。個人賞と上位3チームのメンバーは次の皆さん。

【個人賞】優秀賞=稲谷穂華(印南はまゆうA)、塩路里葉(南部女子A)▽敢闘賞=中馬劉備(内原)、古田愛純(稲原)、羽山里空(美浜VBC・A)、小森寧々(名田ソレイユ)、酒井優音(美浜ひまわり女子)、鈴木愛梨(日高)

【メンバー】印南はまゆうA=山﨑進(監督)、田伏みずほ(コーチ)、畑中茂季(マネジャー)、畑中里桜、笹井美桜、木下万稟、坂下心奈、玉置美桜、保川千紗都、稲谷穂華、中家朱梨、石橋妃那▽南部女子A=石上貴一(監督)、長瀬日鞠、築山奈那世、中田夕貴、庄司妃華、塩路里葉、火縄友基、岩﨑優月▽内原=西岡みゆき(監督)、河村尚子(コーチ)、串本美恵(マネジャー)、中馬劉備、河村詩、石方開城、白井稟子、串本琉夏、梶本歩夢、宮井莉子、串本聖奈

写真=優勝カップを手に笑顔の印南はまゆうA㊤と、準優勝杯を手に南部女子Aのメンバー

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る