日高川の森さん 10日から世界一周の旅へ

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長が募集して話題となった100万円100人プレゼント企画で、日高川町初湯川の「歌う旅人だいさち」こと森大幸さん(25)が、ギターを手に世界を一周したいという熱い思いをリツイートし、見事当選した。「音楽は国境を超えるということを世界中で感じたい」と、10日、ロシアのウラジオストクに向けて出発する。

 森さんは同町寒川出身で、美山中学校、向陽高校、大阪市立大学を卒業。大学のアコースティックギター部で音楽と出合い、弾き語りスタイルで、コブクロやオリジナル曲を演奏してきた。

 海外での活動に興味を持ったのは、二十歳のときに参加したNPO主催のスリランカでの井戸造りボランティアがきっかけ。森さんがザ・ハイロウズの「日曜日よりの使者」を演奏したところ、現地の人も「シャララ~ラ♪」と一緒になってうたい、全員で笑顔になって盛り上がり、言葉の壁を越えて人をつなぐ音楽の力を実感したという。

 建設機械大手、小松製作所に就職後も、ゴールデンウィークや夏休みにカンボジア、インド、フィリピンでのボランティアに参加しては、音楽で現地の人を楽しませた。数日の活動では満足できず、「音楽でみんながつながる瞬間を世界中で生み出すために世界を一周したい」と思うようになり、「こういう経験は若いときにしかできない」と、周囲の反対を押し切って会社を辞めた。

 退社後は、英語力をつけるためアイルランドへ言語留学。半年間学んだあと、その足でアフリカのタンザニアへ向かい、2カ月間、現地の学校で教諭の手伝いをした。その活動中に前澤社長の100万円ツイート企画を知り、世界一周への思いをリツイートした数日後、当選のDMが届き、振り込み口座を送信すると、翌日には前澤社長の名義で振り込まれた。

 100万円の当選に「とっても驚きました」と興奮。使い道については「この100万円がなくても、路上ライブで稼ぎながら世界を回るつもりでしたが、路上での収入が見込めない地域に入っていくための資金にしたい」とし、「世界一周を達成できたら、本を書き、一歩踏み出せば面白い世界があるということを多くの人に知ってもらいたい。地元日高地方の人にも勇気を与えられる存在になれれば」と夢を語る。

 活動は日々、自身のブログ(https://utatabi.com/)で紹介していく。

写真=カンボジアで子どもと一緒にうたう森さん(2017年5月)

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る