新元号前に襟正せ

 今月1日に発表された新元号「令和」。出典は日本最古の歌集「万葉集」で、「厳しい寒さのあとに、春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい」との願いが込められた。日本にとっては戦争がなく、平和が続いた「平成」から新時代の幕開けへ。だれもが夢と希望に向かってチャンスを手にし、チャレンジできる世になることを望む。

 そんな前向きな気持ちにさせてくれる改元だが、ニュースで「おやっ」と違和感を感じる映像が流れていた。それは視聴者のだれかが投稿したのだろうか、何かに向かって群衆が押し合いへし合いしている様子。怒号も飛び交い、まるで何かの暴動やテロが起きているかのよう。画質があまりよくなかったので、昔の映像を流しているのかと思ったが、よく見れば新元号の新聞号外を配っているところだった。若者からお年寄りまでもみくちゃになり、号外を手に入れてもビリビリに破れている人がおり、中にはけが人が出たという情報もあった。

 いまどきは新元号の発表もスマホのライブ配信で見ることができたが、なぜか号外を手に入れようと目を血走らせて群がる人たち。みんながそうするから、つい自分も同じ行動を取ってしまうという集団心理が働いたのか、それとも紙ベースの情報発信が根強い人気なのか。いずれにしても「和を以って貴しと為す」との聖徳太子の思いはどこへやら、外国人からすればどのような姿に映ったのか。希望を胸に抱きつつも、いま一度、襟を正して令和を迎えたいものである。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る