悲劇の心中と自爆テロ

 スリランカの爆破テロは犠牲者が250人以上に上り、捜査当局は自爆した9人の実行犯がイスラム過激派組織から資金援助を受けていた可能性があるとし、約60人の身柄を拘束、調べを進めているという。

 不特定多数を巻き添えにする自爆テロは防ぎようがない。今回の実行犯の多くは中流階級の高学歴者で、経済的にも安定しているらしく、この点だけをみれば、貧困や社会に対する不満、怒りが理由でもなさそうである。

 自ら死へと突き進む行為は絶望の針が振り切れた場合に起きる。日本ではまだ自爆テロはないものの、自分を認めてくれない社会への報復として、無差別に他人を巻き込む大量殺人事件は何回かある。

 これほど身勝手で迷惑な話はないが、ある精神科医はこの通り魔的殺人犯も家族間の無理心中も、絶望が一つのきっかけとなる点が共通していると指摘し、拡大自殺という言葉でひとくくりにする。はたしてそうなのか。

 先日、作家辻原登さんの無理心中をテーマとした掌編小説が朝刊に掲載された。桜の花の下で、末期がんの妻に夫が口移しで青酸カリを流し込み、自分も死ぬつもりだった夫は妻が苦しみ絶命する姿を見て意識を失い、殺人容疑で逮捕される。

 妻は死に際、何かいおうとするが言葉にならず、辻原さんは「……」と表現した。その理由は「自分でもあまりにせつなくて、書けなかった」という。真実を読者の想像に委ねる小説家のテクニックだろうが、本当にそうだったのかもしれない。

 イベントでそんな辻原さんの話を聞いた同じ日、スリランカの惨事が起きた。人を思いやり、愛するがゆえに起きる悲劇の心中と、自爆テロや大量殺人。どう考えても同列には置けない。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る