御坊市立保育園の調理師が給食費過少申告

 御坊市は25日、市立つばさ保育園の調理師が2015年度から4年間、職員分の給食費を過少申告していたと発表した。主に土曜日の給食費を計上せず、4年間で積もり積もった合計696食分、14万9640円分で、ことし3月に判明して2018年度分は入金し、現時点で12万4485円が未納になっている。

 同園では職員も園児と一緒に給食を食べており、1食215円を支払う仕組み。同園では誰が何食食べたか最も把握できる調理師が職員給食費の計算と納付事務を一任されていた。市によると、期間中に関与した調理師4人のうち指揮的立場にあった一人が主導。園児が少ない毎週土曜は保育士3人態勢で昼食はパン食を取っているが、この土曜3人分をカウントせずに1カ月分の給食費として園長に手渡していたという。園長も調理師を信頼していたため、誰が何食食べたかのチェックはしていなかった。ことしになって、調理師が管理している給食チェック表をたまたま目にして、毎週土曜は誰も食べていないことになっていることに気づいて発覚した。ほかの保育士も全員、調理師が過少申告していることに気づいていなかった。

 同園では職員22人が毎月5000円を給食費として支払っており、余剰金は運動会の弁当代や職員の懇親会の一部に充て、それでも余った現金は年度末に均等に返金していた。このため、主導した調理師が私的に流用はしていないという。24日に説明を聞いた保護者からは「いったい何のためにやったの」との声が聞かれた。未納金は食べた職員を調査して支払ってもらうことにしている。

 市社会福祉課では「不適正事務の原因になった調理師のみによる処理を廃止し、園長と当課でのチェック体制を強化し、再発防止に取り組む」としている。柏木征夫市長は「市民の皆様の信頼を損なう事態に至り、深くお詫び申し上げます。再発防止に努め、公務員としての自覚を促すとともに、綱紀粛正の徹底を図り、信頼回復に努めていく」とコメントを発表した。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る