小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記 (辻村深月著 小学館)

現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します。

物語 登校前のいつもの朝、テレビでは月面探査機「ナヨタケ」が捉えた映像を報じている。人が生きるには過酷なはずの月面の大きな岩陰に何かがよぎる。カメラは岩の向こうに回り込み、そこに確かに白い影が捉えられた―その時、突如なんらかの衝撃でカメラは故障。映像は途切れてしまった。この映像に釘付けになったのび太は、遅刻寸前に学校に到着。教室でも話題は月のニュース。いろいろな説を唱える友達のなかに割って入ったのび太が説いたのは「白い影は、月のウサギだ!」。自信があった説をみんなにバカにされたのび太が救いを求めたのは「ドラえも~ん!」。ドラえもんがやれやれと取り出したひみつ道具は「異説クラブメンバーズバッジ」。そのバッジを着けている仲間にだけ異説の世界が現実になるというもの。バッジを使って月にウサギの国を作りバカにした友達を驚かそうと準備が始まった。そんなある日、のび太のクラスに転校生「ルカ」がやってきた。いつもの空き地でみんなを月に作ったウサギ王国に招待していると、ルカが「仲間に入れてよ」と入ってきた。バッジを着け、どこでもドアで月に向かった一行。襲いかかる危機と明らかになるルカの正体。

小説は、細かい描写からその世界を無限に想像できるところ好きでしたが、この本を読んで自分の想像力が追い付かず、このシーンはどんな風に映像化されているのだろうと思いながら読みました。太陽系の外、千年前までとスケールの大きな話の中に友情が詰まっていて、お茶目なファインプレーをするキャラクターに癒されつつ、刹那を生きる意味も考えさせられる重厚な一冊でした。

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る