印南SA 売り上げ2年連続3億円突破

 印南町西ノ地、阪和自動車道印南サービスエリア(SA)の2018年度売り上げが上り線(和歌山方面)と下り線(田辺方面)両施設を合わせ、2年連続で3億円を突破。前年度の過去最高を更新した。SAを運営する日高観光物産センター株式会社のまとめ。上下線の合計入場者数も40万人を超え、業績は右肩上がりの好調となっている。

 同センターによると、昨年4月からことし3月までの総売り上げは、上り線が2億1298万260円(前年度比103・48%)、下り線が1億412万7745円(102・85%)。合計で1004万6176円アップの3億1710万8005円となった。

 同センターは02年4月に上り線施設、06年4月に下り線施設がそれぞれオープンし、15年春に上り線施設をリニューアル。以後、同年夏には高速道路がすさみ町まで延伸し、テナント業者の営業努力もあって、好調ぶりをキープしている。18年度の売り上げは上下線でたばこ(上り線のみ)を除く物産販売、自動販売機、食堂の各部門で増加。行楽期の休日が天候に恵まれたことなどが要因の一つとみられている。

 入場者数も、上り線24万2951人(102・09%)、下り線16万9208人(102・01%)で、8325人増の計41万2159人。代表取締役を務める地元の日裏勝己町長は「皆さんが頑張って業績を伸ばしてくれており、うれしく、ありがたい。印南だけでなく日高地方全体のPRや振興が目的の施設なので、もっと力を入れてアピールしていきたい。有田以南の4車線化、紀伊半島一周のめどがついたこともチャンス。これからもしっかり利用してもらいたい」と話している。

写真=業績が好調な印南SA(写真は上り線施設)

関連記事

フォトニュース

  1. これからも人権意識をもって成長を

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る