南紀白浜空港で民営化記念式典

 南紀白浜空港(白浜町)の民間運営が1日からスタートし、空港で記念式典が行われた。運営する会社は㈱南紀白浜エアポート(白浜町才野、岡田信一郎代表取締役社長)。式で岡田社長が「国内外のチャーター便の増加、新規路線の確保を進め、地域とともに発展しながら歩んでいきたい」とあいさつした。事業としては、紀南地方を中心とした観光資源と羽田線を活用した誘致戦略などを挙げている。

 これまで同空港は県の直営だった。羽田線が一日に3往復しかなく、年間約3億円の赤字となっていた。同社との契約では、10年間で24憶5000万円を「サービス購入料」として支払うことになるが、運営に穴埋めしてきた金額の2割程度が削減する。

 式には関係者ら約70人が出席。仁坂吉伸知事は「経営や営業に優れた企業の力を借り、地元が元気になっていくことを期待したい」とあいさつ。岡田社長は「IT企業の進出、パンダの誕生、串本にロケット発射台の決定など、紀南には明るい話題がたくさんある。空港の利用者も増えていくことが期待される。今後は東京と白浜を結ぶ羽田線の機体の大型化や増便について、エアラインに要望活動を行っていきたい」と意欲的に語った。最後はテープカットで締めくくった。

 今後の具体的な事業展望としては、首都圏、東北、欧米豪露、ビジネスパーソンの新たな顧客層の呼び込み、曜日や季節偏差を解消したオフシーズンの底上げなどとしている。2021年7月には新ターミナルも竣工させ、17年度の利用者数13万人から28年度には25万人と倍増させ、38年度にはさらに5万人を上乗せした30万人とする目標を示した。

写真=岡田社長(左から2人目)、仁坂知事(同3人目)らがテープカットで民営化のスタートを祝う

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る