元号 年号から読み解く日本史 (所功、久禮旦雄、吉野健一著 文春新書)

 いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大名誉教授の所功先生が久禮旦雄同大准教授らとともに、元号と日本の歴史のかかわり、元号決定の仕組みを解説しています。

 元号が中国から日本に伝わったのは大和時代(およそ6世紀まで)。譲位による改元は1817年(文化14年)の光格天皇以来、約200年ぶり、明治以降では初めてです。

 昭和8年12月23日生まれの今上陛下は55歳で即位され、ひたすら世の中の安寧、国民の幸福を祈り続けてこられましたが、平成15年に前立腺がんの手術をされたころから将来を懸念され、22年7月(76歳)の宮内庁参与会議で譲位の決意を表明されました。しかし、さまざまな事情で先送りされ、28年8月、82歳になられて自ら「象徴としての務め」に関するおことばの中でご意向を示唆されました。国民は理解と共感を示し、政府も国会も議論を進め、天皇の退位に関する皇室典範特例法が衆参出席議員の全員賛成によって成立しました。

 終戦から5年、新憲法施行から3年後の昭和25年、参議院で一世一元が妥当なのか、講和会議を機に日本が国際社会に復帰するためにも、文明国共通の西暦に従ってはどうかという議論が起こりました。委員会参考人の過半数が元号廃止に賛成するなか、坂本太郎東大教授は「元号は独立国の象徴」、吉村正早稲田大教授は「元号は便利で国民の大部分が親しみを持ち、なによりいまは国民が民族の再建ということを自覚して立たなければならない」として元号廃止に反対したそうです。

 元号は廃止寸前のところで危うく存続しましたが、この言葉、改元を前にした日本人の私には強く胸に響きます。人生二度目の時代の節目、喜んでばかりもいられません。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る