中紀バス 25年間無事故表彰

 一般乗合旅客自動車運送事業及び一般貸切旅客自動車運送事業運転無事故表彰式が19日に大阪合同庁舎で行われ、由良町里、中紀バス㈱(高垣太郎代表取締役社長)が、9期25年間無事故で近畿運輸局局長表彰を受けた。9期連続の無事故は同局管内で唯一。高垣社長(55)は賞状を手に、「お客様のご協力、安全安心への乗務員の努力があってのこと。大変ありがたく思っています」と喜んでいる。

 2年半を1期として、2期以上連続無事故で表彰対象となる。今回は同局管内で21社、県内5社が表彰。前回、8期連続無事故までは同じく無事故を続けていた会社があったが、今回は単独でトップとなった。

 同社は、安全装備の整った最新車両を積極的に導入。今月にはドライバーが急病などで運転不能になった際に緊急停止できる「ドライバー異常時対応システム」搭載の大型バスを導入したほか、これまでに速度や急ブレーキなど運転状況を確認できる「デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー」と3つのカメラで運転状況を記録できるシステムを全車両に配備。2015年秋には、関連会社を含め全営業所が公益社団法人日本バス協会貸切バス事業者安全性評価認定委員会から安全性評価認定の最高ランクとなる「三つ星」を受けた。近畿運輸局ホームページにも三つ星取得の事業者として掲載されている。乗務員の研修も定期的に行い、ハード、ソフト両面から万全の安全体制を構築している。

 高垣社長は「平成の締めくくりに、25年間の無事故表彰をいただいたこと、誠にありがたく思っております。これもひとえにお客様のご協力、社員の努力のたまもの。お客様がマナーを守ってご利用くださっているからこそ、無事故を実現することができました。三つ星をいただいている会社として恥じないよう、さらに襟を正して安全、安心、快適に運行できるよう努力してまいりたいと思います」と喜びと今後への決意を述べ、「皆様のご利用、お待ちしております」と笑顔で話している。40年勤続のべテランで路線バス等を担当する中尾徳明(のりあき)さん(69)ら20人のドライバーも「一層気を引き締めて安全運転に励んでいきます」と話している。

写真=最新車両の前で表彰状を手に高垣社長㊧と中尾さん

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る