世界一周で得るものは

 日高川町初湯川の森大幸さん(25)が10日、ギターを片手に世界一周を目指して日本を飛び立った。1月に話題になったZOZOの前澤友作社長の100万円100人プレゼントの当選者でもあり、「音楽は国境を超える」という言葉を胸に、音楽の力で世界中を笑顔にしたいという。
 出国を前に取材した。高校、大学と関西では有名な難関学校を卒業し、誰もが知っているような一流企業にも就職したが、同社を辞めてまで世界一周を選んだ。周りからはかなりの反対があったというが、それを押し切ってまで夢実現を選ぶ志の高さには感心させられる。

 彼が世界に出たいと思うようになったきっかけは、大学時代のスリランカでのボランティア。ギターを手に日本のロックバンドの曲を演奏したが、「しゃらら~ら」と歌いやすい歌詞だったせいか、日本語がわからない現地の人も一緒になって歌いだし、みんなが音楽の力で一つになったことを感じたという。取材中に動画で見せてもらったが、そこには笑顔いっぱいに楽しそうに体を揺らしながらうたう現地の若者の姿があり、まさに音楽が国境を超える瞬間が収められていた。

 彼は活動をSNSやブログで紹介していた。そんな中で、前澤社長の企画を見つけて応募。企画には554万件の応募があり、倍率は5万5400倍。応募は、短い文章だったようだが、もしかしたら前澤社長が彼の過去の活動を見て選んだのかもしれない。

 最初の街はロシアのウラジオストク。11日にツイッターを観ると元気な自身の写真が投稿されていた。彼の音楽の力が世界の人の心をどう動かすのか、また彼自身が何を得るのか。旅の報告を聞かせてもらう日を待ちたい。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る