万葉集にみる大和の精神

 初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す――。新元号「令和」の出典となった万葉集梅花の歌三十二首の序の一節。現代語は「新春のよき月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き…」となる。

 考案者と目される国文学者中西進氏は、令和の「和」は十七条の憲法の「和をもって貴しとせよ」という言葉が思い浮かぶという。朝刊のそんな記事を読んであらためて、聖徳太子の大陸と対等の外交を振り返り、日本人の慈悲を尊ぶ国づくりに思いが至る。

 天皇や権力者だけでなく、防人の兵士や名もない農民も同等に並べ、独自の万葉仮名で編纂された万葉集。漢字の発祥ながら、周辺国を属国とみなす中華とは、完全に異なる精神文化の集大成ともいえよう。

 北朝鮮の金朝鮮労働党委員長が経済制裁緩和を条件に、米国との首脳会談を行う用意があるとの考えを示した。韓国にも「仲介者の振る舞いをするのではなく、民族の利益を擁護する当事者になれ」と注文をつけた。

 民族の利益が祖国統一を指すのであれば、その障害の在韓米軍を取り除かねばならない。親北革命政権下の韓国では先月、仁川市議会の与党議員が朝鮮戦争の上陸作戦で被害を受けた住民への補償条例制定を提案、可決されたという。

 補償をすべき加害者は敵の北朝鮮ではなく、韓国を救った米国とマッカーサー率いる国連軍であるというから開いた口がふさがらない。反日に飽き足らず、米国、世界を敵視するまでになったか。

 令和の時代が始まるいま、東アジアは69年前の朝鮮戦争開戦時と変わらぬ緊張状態にある。日本は慈愛と気概の大和の精神で未来を開きたい。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る