みなべ町のコミバス 利用者2割減少

 みなべ町を走っているみなべコミュニティバス(コミバス)の利用者が年々減少し、2018年度の年間利用者数は本格運行を始めた07年度以降で最少の3862人だったことが、町のまとめで分かった。前年度比20%減、ピークだった08年度の約4割。運行関係者は「運転免許を持っている高齢者が増えているのではないか」と話している。

 コミバスは交通弱者の活動支援を目的とし、05年10月から試験的に導入。07年4月から本格運行を始めた。デマンド方式(予約制)で、料金は大人300円、小学生150円、乳幼児は無料となっている。町の中心部、岩代、山間部西部(高城)、山間部東部(清川)の4ルートがある。

 これまでの利用者数をみると、07年度は8964人、08年度は過去最高の9021人と導入当初は好調だったが、翌年の09年度は8827人、10年度は8488人と減少し始め、11年度は7235人と8000人を割った。以後も減少が続き、15年度は6512人、16年度は5495人、17年度は4853人と右肩下がりで推移している。

 ルート別でみると、山間部東部は1483人(前年度1601人)、同西部は838人(同1226人)、岩代513人(同757人)、町中心部1028人(同1269人)で、いずれも減少。最も前年度からの減少率が高かったのは岩代地区で、32%だった。月別では8月が一番多く356人、最も少なかったのは1月の272人。それほど大きな差はみられず、年間を通じて通院などに利用されているという。

 減少の要因としては「利用していたお年寄りがお亡くなりになったりしているほか、運転免許を持っている高齢者が多いのではないか」と分析している。

写真=町内を走っているコミュニティバス

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る