まちに関心持ち続けて

 まさに激戦という言葉が当てはまる、大接戦となった県議選御坊市選挙区。共産党新人の楠本文郎氏が自民党現職の中村裕一氏をわずか247票差で破った。1人区で共産党が議席を獲得するのは全国でもまれという。御坊市の共産党の組織票は千数百票とされる中で、6193票を獲得したのは、御坊市議として約35年間の活動で積み重ねた経験や人脈、人柄が多くの市民に浸透していた結果といえるだろう。3年前の市長選で保守が二分し、相手側の組織が固まり切らなかったという追い風もあった。

 選挙取材を通じて、多くの市民の意見を聞くことが出来た。「楠本さんは好きだが、共産党には任せられない」「御坊のことを考えたら、やはり自民党の中村さん」「党は関係ない、楠本さんなら任せられる」などさまざまあった。どちらを支持するかの有権者アンケートではほぼ互角。まだ決めかねている、最後まで悩むと思うという人が多かったのも特徴だった。結果から見れば、最終的に楠本氏個人への期待票が集まり、相手をわずかに上回った。その期待に今後、どうこたえていくか、楠本氏の腕の見せどころだろう。

 有権者が関心を持ち、1票を投じるまでにまちのことを考えた、今回の選挙の大きな意義の一つ。投票率が1年半前の衆院選より2㌽以上アップしたのは有権者の関心が高まった表れである。県議選だろうが市長選だろうが、国政選挙だろうが、当選者は住民の代表、代弁者であり、主役は住民であることに変わりはない。選挙が終わっても、まちづくりへの関心を持ち続けることが、まちをいい方向へと向かわせるし、当選者を育てることになる。このことは忘れないでおきたい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る