お湯、水かけるだけで…

 急速な進歩はIT(情報技術)やAI(人工知能)などの分野だけではない。もっと身近なところでも、あっと驚く技術が開発され、普及し始めている。

 テレビで「保存」をテーマにした新しいビジネスが取り上げられていた。注目したのは、「フリーズドライ」(水分を含んだ食品などをマイナス30度程度で急速に凍結し、減圧して真空状態で水分を昇華させて乾燥させること)の食品と、魚が長持ちする「魔法の水」。フリーズドライはみそ汁が広く知られているが、ついにカツカレーも商品化に成功したそうだ。作り方は、みそ汁と同じでお湯をかけるだけ。味も抜群という。魔法の水はアミノ酸の一部の「アミノ基」が入っており、難しい説明は省略するが活け締めした魚にかけると冷蔵庫に入れて1週間程度経ってからでも刺し身で食べられると紹介されていた。どちらも本当に味や鮮度に問題がないのか、一度自分の舌で試してみたいと思う。

 お湯をかけるだけでカレーが完成すれば、共働き世帯では本当に助かる。きょうの夕食、夫婦どちらが作るかでけんかすることもなくなり、家庭円満に一役買うかも。魔法の水は霧吹きで魚全体にかければ鮮度をキープでき、生かしたまま、また冷凍で輸送しなくてもよくなり、コストカットが図られるそうだ。水の値段さえ下がれば、刺し身好きの筆者もぜひ手に入れたい。

 新しい技術ができると不可能が可能になるだけでなく、大切な時間の短縮、コストの低減、また新しいサービスの創出にもつなげられる。いち早く、うまく活用できるかどうかが明暗を分けるところであり、新しい情報には敏感になっておかなければならないとあらためて感じる。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る