SGH甲子園 日高高生が最優秀受賞

 文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受けている高校が研究成果を発表する全国SGH課題研究発表会2019「SGH甲子園2019」が関西学院大学で開かれ、ポスタープレゼンテーション日本語部門で日高高2年生の廣﨑智也君と大谷香乃さんが最優秀賞を受賞。危機意識の持続を目指した防災カレンダーを提案し、同校初の入賞で見事、栄冠を手にした。

 ポスタープレゼンには全国から108チーム、日本語部門には77チームが出場。それぞれポスターを使って来場者や審査員に研究の成果を発表し、競った。

 2人は「防災カレンダー計画」をテーマに発表。教員・生徒473人へのアンケートで、半数近くが「近くで災害が起こっても自分は大丈夫」と思っている「正常化バイアス」の状態にあることを紹介した。

 原因の一つとして、講義など単発の取り組みでは意識が続かないとし、継続的に効果がある方法を探す中で、毎日目にするカレンダーに着目。各日にその日に発生した世界の災害を記すとともに、災害の教訓なども加え、親しまれるようにキャラクター「ナマズくん」も作った。さらにカレンダーを生徒に見てもらったあとに、改善点を募集し、より使いやすく仕上げた。

 2人は「最高の賞に選ばれると思っていなかったので、発表されたときはとてもびっくりしました。他の学校ではクラウドファンディングを使うなどスケールの大きな取り組みもたくさんあり、いい刺激をたくさん受けました」と笑顔。3年生では今回の研究を論文にまとめ、「カレンダーが完成したので、今度はそれをどうやって広めていくのかを考えていきたい」と話している。

写真=防災カレンダーを手に大谷さんと廣﨑君

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る