7日 由良の女性グループが食堂オープン

 由良町の女性グループ、ゆらつくらん会(中初美会長)が7日から、吹井の旧白崎保育所を活用した食堂「しらさき はんもっく」をオープンさせる。世代を超えた地域コミュニティーの場にするとともに、地元産品を使った料理の発信拠点にするのが目的。当面は毎月第1木曜だけの限定オープンだが、軌道に乗れば営業日数を増やしていく。

 つくらん会は、由良の魅力を探すため話し合う「しゃべらん会」が前身で、「しゃべってるだけでは何も始まらない。とりあえず動き出そう」と2012年に設立。現在メンバーは10人。地元の海産物や農産物を使った料理の開発、各種イベントでの販売、高齢者を対象にした宅食弁当事業などを行っている。

 これらの調理は旧白崎保育所の厨房を活用。施設内にはほかにも部屋があり、メンバーは以前から食堂やカフェのようなお店をオープンできないかと考えていた。

 「しらさき はんもっく」の名称は、ハンモックが寝転がってくつろいだり、物をたくさん置いたりするために使われることから「お店に漁業や農業など由良町のいいところを何もかも入れて、安らげる場所に。ご飯(ハン)をもぐもぐ(モック)食べてもらえれば」との願いを込めて命名。店舗内には38席を用意し、増席も可。メニューは特産ワカメの天ぷらうどん、アカモクのあんかけ風うどん(各300円)、しらす丼(600円)、魚フライをトッピングした白崎カレー(800円)など。小鉢やサラダも付いている。ほかにまぜめし、すしセット、コーヒー、ケーキセットなどもあるという。営業時間は午前11時から午後3時まで。

 中代表は「白崎保育所の中にはほかに畳の部屋もあるので、ご飯を食べたお年寄りや子育て世代が交流する場にもなってほしい。将来的には毎日営業するのが夢。私たちは未熟ですが、もっともっと由良を発信できるよう頑張ります」と張り切っている。

写真=オープンを控えた店舗内でつくらん会メンバー

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る