龍神温泉街で観燈祭

 田辺市龍神村の龍神観光協会は、宿泊施設や飲食店の玄関先などに燈籠を並べて幻想的にライトアップするイベント「2019平成最後の観燈祭」を17日まで開催中。9日には撮影会や足湯などのイベントもあり、訪れたカメラ愛好家や入浴客が幻想的な眺めを楽しんでいた。

 観光客が比較的少ない冬季に開催し、情緒ある温泉や宿泊施設のイメージアップを図る恒例のイベント。温泉街の旅館などを中心に16施設に燈籠を飾り、薄明るい幻想的な光で通りが照らされている。

 9日には龍神温泉近くの河原に「平成」への感謝と新元号への希望を込めて燈籠約300個を並べたほか、龍神温泉上御殿近くでは足湯のおもてなしも行われた。

 期間中は写真コンテストも実施しており、同日に浴衣姿を着たモデルが登場して撮影会を開催。カメラマニアらが盛んに写真を撮っていた。 

 東京から観光で訪れた会社員の海地隆司さん(58)は「息子が和歌山に転勤になったのを機に、30年ぶりに龍神に来ました。幻想的で、情緒があっていいですね」と眺めを楽しんでいた。カメラ好きという地元の30代男性は「光で演出している雰囲気をカメラに収め、SNSに投稿するつもりです」と、シャッタースピードなどを工夫しながら熱心に撮影していた。

 フォトコンテストは期間中に燈籠を入れて撮影した写真が対象で、締め切りは25日。最優秀賞(1人)に4万円分の宿泊券、優秀賞(2人)には2万円分の宿泊券、ほっと賞(3人)に龍神温泉元湯無料入浴券11枚を贈る。詳しくは観光協会℡0739―78―2222。

写真=燈籠で温泉街をライトアップ

関連記事

おとう祭り2019

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る