龍神温泉街で観燈祭

 田辺市龍神村の龍神観光協会は、宿泊施設や飲食店の玄関先などに燈籠を並べて幻想的にライトアップするイベント「2019平成最後の観燈祭」を17日まで開催中。9日には撮影会や足湯などのイベントもあり、訪れたカメラ愛好家や入浴客が幻想的な眺めを楽しんでいた。

 観光客が比較的少ない冬季に開催し、情緒ある温泉や宿泊施設のイメージアップを図る恒例のイベント。温泉街の旅館などを中心に16施設に燈籠を飾り、薄明るい幻想的な光で通りが照らされている。

 9日には龍神温泉近くの河原に「平成」への感謝と新元号への希望を込めて燈籠約300個を並べたほか、龍神温泉上御殿近くでは足湯のおもてなしも行われた。

 期間中は写真コンテストも実施しており、同日に浴衣姿を着たモデルが登場して撮影会を開催。カメラマニアらが盛んに写真を撮っていた。 

 東京から観光で訪れた会社員の海地隆司さん(58)は「息子が和歌山に転勤になったのを機に、30年ぶりに龍神に来ました。幻想的で、情緒があっていいですね」と眺めを楽しんでいた。カメラ好きという地元の30代男性は「光で演出している雰囲気をカメラに収め、SNSに投稿するつもりです」と、シャッタースピードなどを工夫しながら熱心に撮影していた。

 フォトコンテストは期間中に燈籠を入れて撮影した写真が対象で、締め切りは25日。最優秀賞(1人)に4万円分の宿泊券、優秀賞(2人)には2万円分の宿泊券、ほっと賞(3人)に龍神温泉元湯無料入浴券11枚を贈る。詳しくは観光協会℡0739―78―2222。

写真=燈籠で温泉街をライトアップ

関連記事

おとう祭り2019

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る