豪華客船飛鳥Ⅱが日高港へ初入港

 日本最大の豪華クルーズ船「飛鳥Ⅱ」が23日朝、御坊市塩屋町の日高港に初寄港。岸壁では、御坊市をはじめ日高地方各市町挙げて歓迎セレモニーとイベントを催し、道成寺安珍清姫伝説の「じゃんじゃか踊り」、天音太鼓が華やかに出迎え、出展ブースでは日高地域の特産品を販売。乗船客とスタッフ合わせて約1300人に御坊日高の魅力を発信し、定期的な寄港につながるようおもてなしした。

 日本最大の豪華客船を見ようと、早朝にもかかわらず接岸前から多くの人が詰めかけ、「なんと大きいな」の声が聞かれた。

 無事着岸すると、天音太鼓保存会のメンバーが太鼓や鐘を打ち鳴らし、続いてじゃんじゃか踊りが登場。出店ブース前を通り抜け、飛鳥Ⅱの前を勇壮に練り歩き、最後は鐘に体を巻き付けて火に見立てた赤い煙を噴くと、デッキから見守っていた乗船客から大きな拍手が湧き起こった。「飛鳥Ⅱようこそ和歌山へ」と書いた大きな旗も振り、熱烈に歓迎した。

 歓迎セレモニーで柏木征夫市長は日高地方にはおいしい海産物やイチゴ、ミニトマト、梅干しなど農産物が豊富だと紹介し、「きょうを契機に何回もきてくださるとうれしい」と定期的な寄港に期待を込めた。7代目宮子姫らが堤義晴船長らに花束を贈呈し、記念盾や記念品を交換。堤船長は「素晴らしい歓迎セレモニーやイベント、出店など本当にありがとう。乗船客の皆様に、歴史と自然あふれるまちを存分に楽しんもらえる」と感謝した。色付きの打ち上げ花火も花を添えた。

 オプショナルツアーで道成寺等へ観光に行く一行や船に残る乗船客をもてなそうと、会場では日高地域じまん市として物産テントがずらりと並んだほか、写真スポットとして花で飾り付けたフレームも登場し、人気を集めていた。飛鳥Ⅱをバックに記念撮影していた地元の夫婦は、「すごく大きい。船内見学に当選したので、早く中を見てみたい」と笑顔があふれていた。

写真=じゃんじゃか踊りで飛鳥Ⅱの入港を歓迎

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る