美浜町の事前復興計画案まとまる

 美浜町で5日、大地震の対応策をあらかじめ定めておく復興計画案(美浜町復興に関する事前準備計画案)がまとまった。南海トラフの巨大地震が発生すると、最大17㍍(沖合30㍍)の津波が16分(第1波)で襲来し、町内の約46%、平野部の約90%が浸水との想定があり、県内の市町村ではトップで計画案の策定を行った。中身には仮設住宅やがれきの仮置き場候補地が明記され、被災後の新たな町づくりでは宅地のかさ上げや高台移転なども盛り込まれている。

 計画案は復旧期、復興期の2編からなり、平田隆行さん(和歌山大学システム工学部システム工学科准教授)を委員長とする防災会議専門委員会が計3回の会議を開いてまとめた。

 復旧期編には仮設住宅について、最大戸数を782戸として西山の麓の浸水しない私有地などを候補地に選定。被災後、迅速に建設が開始できるよう、関係地区や地権者への説明、了解を得ておくことなども示している。がれきの仮置き場候補地は浜ノ瀬の第1若者広場(約9000平方㍍)とし、仮置き可能量をオーバーした場合は被災した松林を片付け、利用を検討すると書き込んでいる。

 復興期編では、新たな町づくりの指針を表記。生活道路(町道)の幅員を確保、従来の密集地解消を図り、幹線道路を中心に電線の地中化に取り組むことや、浸水深が2㍍未満になるよう地盤高さのかさ上げ、一部集落の高台移転などを盛り込んでいる。

 計画案は、28日午後1時半から役場で開かれる町防災会議で承認を受け、町地域防災計画に追記、公開される。5日に役場であった防災会議第3回専門委員会終了後には平田委員長が籔内美和子町長に計画案がまとまったことを報告し、「住民の生活基盤を復旧していく、また、まちを復興していくうえで、本計画を事前に準備しておくことは非常に有効であると考える。本計画はこれで終了ではなく、これからも町の復興の姿を考えていくことが重要」などのコメントを発表。籔内町長は「今後ともご協力、ご指導お願いしたい」とあいさつした。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る