県立高校で卒業式

 日高高校(池田尚弘校長)と紀央館高校(大西弘之校長)で1日、平成最後の卒業式が行われ、計421人が高校生活3年間の思い出を胸に新たな一歩を踏み出した。

 日高は普通科151人、総合科学が72人の計223人。池田校長は改元について「皆さんが生まれ、育ってきた平成が終わろうとしています。この30年は災害に目を向けなければいけない年でありましたが、先日の天皇在位30周年式典でのお言葉にもあったように、近現代では初めて日本で戦争がない時代でした」と紹介。「ただ世界に目を向ければ紛争は続いています。これから始まる新しい時代では、自然災害で苦しむ人、戦争や貧困、差別を受ける人などを一人でも減らさなければなりません。そのために皆さんの力が必要です。英知と情熱で新時代をともに築いていきましょう」とエールを送った。2年生総合科学科の山口瑛己(てるき)君が送辞、卒業生の森本倖多君が答辞を述べた。日高定時制も同日行い13人、日高中津分校も同日30人が巣立った。

 紀央館は、普通科157人、工業技術科41人、計198人。大西校長は式辞で部活や資格取得などの活躍をたたえ、「トム・ソーヤーの冒険」等で知られるアメリカの作家トウェーンの言葉「20年後、あなたはやったことよりやらなかったことに失望するでしょう。今この瞬間から冒険をして、夢を見て、そのことから発見をするのです」を紹介。「大人は自分の若い頃と比べて新たな変化を恐れ、『大変な時代を迎える』など大げさに言いがちだが、どのような時代がこようとも若者は現実をしっかり受け止め、生きている。未来に不安を抱くよりも、挑戦しなかったことへの後悔を怖れてほしい。私は本年度に赴任してきて、皆さんから多くのことを学んだ。人生に夢と希望を抱き、気概を持って成長し続けてください」とエールを送った。在校生を代表して生徒会長の濵口希君(2年)が送辞、卒業生を代表して普通科の西侑樹君が答辞を述べた。

写真=クラスを代表して証書を受け取る卒業生(日高)

関連記事

日高高校卒業式2019

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る