無理せず楽しく走ろう

 みなべ町で先月、未舗装の山道などを走る「梅の里トレイルラン」がことし初めて開催された。コースは15㌔と32㌔。もちろんアップダウンは急で、足には相当負担がかかるだろう。平坦な道でも、この距離を完走するには日頃からの訓練が必要だ。大会には全国各地から216人が出場し、楽しみながら健脚を競った。

 過酷なコースだが、開会式で参加者を見渡すと30歳~50歳代が多く、体力的に充実している20歳代の若者は意外と少ない。事務局によると、エントリーの中では72歳の男性が最年長だったという。

 大会に参加した大阪府貝塚市の男性(57)は30歳ぐらいから趣味でジョギングを始めたそうだ。その後いろんな大会に出場し、今回のトレイルラン以外にも富士山周辺の170㌔を走るウルトラトレイルランにも出場経験があるという。他の人にも話を聞いてみたが、学生時代に陸上をバリバリしていたという人は少ない。大半の人が「始めたきっかけは趣味や健康づくり」だった。

 野球やサッカーなどのスポーツは技術が必要で、練習しなければすぐにはできない。しかし走ることなら、タイムや距離を別にすると、健康であれば誰にだってできる。トレイルランは山道などが盛り込まれた過酷なコースだが、ジョギングだと平坦で短いコースもある。その気になれば挑戦しやすいスポーツだ。

 3月に入って気温も日増しに温かくなり、行動しやすい時期。無理せずに何かできることから始めてみてはどうだろう。それが楽しくて継続できれば、やがては想像もできないほどレベルアップしている自分がいるかもしれない。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る