新報杯サッカーの歴史は続く

 ことし第23回を迎えた日高サッカー協会主催、本紙協賛の日高新報杯少年サッカー大会は、指導者、協会関係者、保護者、何より選手たちのおかげで無事、盛況に開催することができた。今回も見応えたっぷりの試合がいっぱいで、1点を争う好ゲームに、保護者からはシュートを放つたびに歓声とため息が聞かれ、盛り上がった。印象に残ったのはAクラス準決勝、優勝候補同士の一戦。互角の勝負はPK戦で勝敗が決まり、負けたチームの選手たちが流した悔し涙は美しかった。その悔しさは中学生でもサッカーを続けて晴らしてくれることを願う。

 筆者は入社当時からサッカーを担当し、1年目の3月に第2回大会だったのを覚えている。入社前の第1回大会の紙面をあらためて見てみると、Aクラスに9、Bクラスに8チームが参戦。いまは有田地方からも参加していることを考えると、当時の方がチーム数は多い。いまも続いているチーム、もうなくなってしまったチーム、合併したチームとさまざまだが、この大会が歴史を重ねてこられたのは指導者らのおかげであることにあらためて感謝したい。

 親子二代にわたって出場してくれる選手もちらほらいるし、指導者としてチームを率いて参加してくれる若者もいる。20代、30代の監督も増えてきた。新しいサッカーの指導プロジェクトをスタートさせる若者も本大会OBだ。日高地方のサッカーの盛り上げに、本紙が少しでも貢献できているのならうれしい。第1回大会の優勝チームの御坊キックマンのメンバーには、Jリーガーとしていまも活躍する酒本憲幸選手の名もあった。将来、酒本選手に続くプロ選手が輩出されることを願っている。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る