印南町がJR切目駅のリノベーション計画

印南町は、4月から無人化する島田のJR切目駅を地域の拠点として活用するため、手を加えてよくする「リノベーション」(修復・再生)を目指す。移住・定住促進や観光PRの拠点として行った印南駅に続くリノベーションの第2弾。新たにキッズスペースを設け、地域や世代間交流の場にしたい考えで、今議会に提出している新年度一般会計予算案へ事業費約1600万円を計上している。

切目駅は1931年に開業。87年の国鉄民営化前後に無人となったが、子どもたちの健全育成、見守りのために町の補助金で、印南駅とともに印南駅・切目駅構内営業運営委員会が人員を配置し、切符販売業務を行ってきた。

今回、4月1日から切目駅での切符販売業務が廃止、印南駅に集約され、切目駅が無人化するため、リノベーションし、地域コミュニティーを充実させる拠点づくりに取り組んでいく。内容はキッズスペースを設置。子育て世代と祖父母世代の交流を図る。外観は切目王子風に改修。花壇も整備する。

印南駅は2017年度に駅舎の無償提供を受け、町民、若者、移住定住希望者の交流や観光をPRしていく拠点として改修。ピアノを置き、コンサートが開かれている。展示スペースには観光パンフレットやサークル、グループの作品を並べ、まちの魅力を発信。魅力ある地域づくりが行われており、切目駅でもリノベーションによる一層の振興に期待されている。

日高町は、新年度新規事業で行政情報メール配信サービスの導入を計画している。現行では各種行事の案内、災害情報などを町広報、行政無線、行政無線個別受信機などで発信しており、メールでの配信も追加し、より一層情報伝達を強化する。メール受信の希望者がサービス利用を登録。Jアラート(全国瞬時警報システム)とも連動させる。当初議会に関連予算77万7000円を提出し、承認を求める。

写真=リノベ案が出ている切目駅

関連記事

フォトニュース

  1. 今年もドーン!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る