別れと出会いは人を成長させる

 今月は卒業、転勤、退社などが相次ぎ、別れのシーズンである。日高地方の小中学校などでも卒業が行われ、巣立っていく卒業生と学校に残る在校生らが別れを惜しんだ。「ついこの間、入学したのに、あっという間に卒業を迎えた」というのが保護者らの気持ちではなかろうか。入学した時のことを思い起こすと、体も心も大きく成長したことを実感し、感慨深い気持ちになるだろう。

 そして、来月の4月。出会いの月へとつながる。小中学校をはじめ高校や大学などで入学式が行われる。企業へ入社し、社会人として希望と夢を胸に抱いて新生活をスタートさせる人もいるだろう。3月の寂しさとは異なり、新鮮でエネルギーに溢れた月と言えるのではないだろうか。

 よく言われることだが、人は出会いと別れを繰り返しながら生きていく。それが顕著に表れるのがこの3月と4月だ。別れを告げた人もいれば、新しい出会いも待っている。そこには大きな環境の変化もある。辛さを乗り越え、新しい環境に順応していかなければならない。それは物事を考える視野も広げるし、適応力を養うことにもつながるだろう。言い換えれば、人を成長させる原動力にもなっているのかもしれない。

 筆者の末っ子の娘もこの春に高校を卒業し、もうすぐ18年間育った我が家を出て行くことになる。生まれた時からいままでの思い出が脳裏に浮かぶし、「これからはいつもそばにいないか」と思うと、寂しくて切ない気持ちが込み上げてくる。しかし、本当の別れではない。娘の成長を祈りながら毎日を精いっぱい生きていこう。残り時間が少なくなったいま、そう自分に言い聞かせながらまた一日が過ぎていく。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 夏にはいっぱい咲くで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る