傘をもたない蟻たちは

加藤シゲアキ著 角川文庫 560円(税別)

男性アイドルグループNEWSの一員で小説家、加藤シゲアキの初の短編集をご紹介します。昨年文庫化されました。

内容 美大に通う「僕」はそつなく課題をこなし、優秀な成績を挙げ、かわいい彼女もいる優等生。卒業を控え、すべてに退屈している「僕」の前に奇妙な女子学生が出現した。居酒屋で1人食事しながら、さりげない仕草で自分のむき出しの両腕にカラースプレーを吹き付ける。それだけでなく、酔ってケンカを始めた2人の男子学生の顔にも派手に吹きかけ、飲み代を置いて颯爽と出ていく。強烈な印象を残した彼女と、間もなく深夜の橋の下で再会。コンクリートの橋脚に、カラースプレーでダイナミックなグラフィティを描いていたのだ…。(「染色」)

202×年、人々は「イガヌ」という食材の魅力に取り付かれていた。十数年前の12月、突然空から大量に降ってきた未知の生物。猿の頭のようで三つの大きな目玉と歯のない口があり、頭部から直に短い足が生えている。「いがぬっ、いがぬっ」と奇声を発することから名前がついた。あまりのおいしさに18歳未満は禁止されたが、17歳の女子高校生美鈴の家では祖父が厳しく家族の誰も食べない。だが美鈴は友達に誘われ、禁断のイガヌを口にする…。(「イガヌの雨」)

全く異なる世界を描いた8編。表題作はなく、雨に降られてバラバラになるアリをイメージしてタイトルをつけたそうです。そのセンスもすごいけど中身もすごい。意表を衝く設定、展開。心が温まったり読後感が爽やかだったりするわけではまったくない、ざらっとした不協和音の感触を持つ尖った物語にオリジナリティと作家性を感じます。アイドルというより若手作家としてテレビを見てしまいそうです。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る