傘をもたない蟻たちは

加藤シゲアキ著 角川文庫 560円(税別)

男性アイドルグループNEWSの一員で小説家、加藤シゲアキの初の短編集をご紹介します。昨年文庫化されました。

内容 美大に通う「僕」はそつなく課題をこなし、優秀な成績を挙げ、かわいい彼女もいる優等生。卒業を控え、すべてに退屈している「僕」の前に奇妙な女子学生が出現した。居酒屋で1人食事しながら、さりげない仕草で自分のむき出しの両腕にカラースプレーを吹き付ける。それだけでなく、酔ってケンカを始めた2人の男子学生の顔にも派手に吹きかけ、飲み代を置いて颯爽と出ていく。強烈な印象を残した彼女と、間もなく深夜の橋の下で再会。コンクリートの橋脚に、カラースプレーでダイナミックなグラフィティを描いていたのだ…。(「染色」)

202×年、人々は「イガヌ」という食材の魅力に取り付かれていた。十数年前の12月、突然空から大量に降ってきた未知の生物。猿の頭のようで三つの大きな目玉と歯のない口があり、頭部から直に短い足が生えている。「いがぬっ、いがぬっ」と奇声を発することから名前がついた。あまりのおいしさに18歳未満は禁止されたが、17歳の女子高校生美鈴の家では祖父が厳しく家族の誰も食べない。だが美鈴は友達に誘われ、禁断のイガヌを口にする…。(「イガヌの雨」)

全く異なる世界を描いた8編。表題作はなく、雨に降られてバラバラになるアリをイメージしてタイトルをつけたそうです。そのセンスもすごいけど中身もすごい。意表を衝く設定、展開。心が温まったり読後感が爽やかだったりするわけではまったくない、ざらっとした不協和音の感触を持つ尖った物語にオリジナリティと作家性を感じます。アイドルというより若手作家としてテレビを見てしまいそうです。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 人に寄り添う看護師に

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る