中学生の中西君がサッカー審判員3級合格

 日高中学校2年生で、小学生サッカーチームのFCブラストでコーチを務める中西葵郁君が、2月に行われた県サッカー協会の3級審判員に見事合格した。中学生の3級審判員は日高地方初。大人になっても大好きなサッカーに関わり続けたいと、審判の道を一つの選択肢にしており、「ワールドカップで審判を務めてみたい」とでっかい夢を描いている。

 保育園年長のころから地元日高町のFCブラストでサッカーを始め、6年生のときは日高新報杯少年サッカーAクラスで初優勝を飾ったメンバーの一人。中学生になってからは部活で陸上部に所属しながら、ブラストのコーチとして練習に参加して小学生を指導している。

 ブラストの竹谷敏一監督から「自分のスキルアップのために審判の資格を取ってみては」とアドバイスを受けたことがきっかけで興味を持ち、1年生のときに講習を受講して4級審判員を取得。2年生になってからは本格的に取り組み、県サッカー協会審判委員会インストラクター部でFCダンシーマのスタッフ北村泰之さんらの指導を受けて着実にレベルアップしている。昨年夏に日本サッカー協会が審判員の普及・育成・指導強化を目指して全国を巡っている「レフェリーキャラバンin和歌山」にも参加。ことし2月には3級試験に挑み、筆記試験とインターバル走の体力試験を見事にクリアし、3級資格を取得した。小学生や中学生の試合の主審を務めることができる。

 「審判は迅速に正しい判断をするのが難しいけど、いろんな選手のプレーを見ることができて勉強になるし、楽しい」。高校ではサッカー部に所属し、技術や体力を磨きながら審判の勉強も続ける。「夢はサッカーワールドカップの決勝戦で笛を吹くこと」と笑顔で話し、「次の目標は2級審判員。合格できるように実績を積み重ねていきたい」と張り切っている。

 竹谷監督は「いろんな可能性を広げ、サッカーに関わり続けてほしい。大きな夢に向かって頑張ってほしい」とエール。北村さんも「高校生になれば全国大会や全国トレセン大会の主審を務める候補に、各都道府県から1人だけ選ばれる。県内から選ばれるよう、しっかり経験を積んでいってほしい」と期待を込める。

写真=中学生で3級審判員を取得した中西君

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る