中学生の中西君がサッカー審判員3級合格

 日高中学校2年生で、小学生サッカーチームのFCブラストでコーチを務める中西葵郁君が、2月に行われた県サッカー協会の3級審判員に見事合格した。中学生の3級審判員は日高地方初。大人になっても大好きなサッカーに関わり続けたいと、審判の道を一つの選択肢にしており、「ワールドカップで審判を務めてみたい」とでっかい夢を描いている。

 保育園年長のころから地元日高町のFCブラストでサッカーを始め、6年生のときは日高新報杯少年サッカーAクラスで初優勝を飾ったメンバーの一人。中学生になってからは部活で陸上部に所属しながら、ブラストのコーチとして練習に参加して小学生を指導している。

 ブラストの竹谷敏一監督から「自分のスキルアップのために審判の資格を取ってみては」とアドバイスを受けたことがきっかけで興味を持ち、1年生のときに講習を受講して4級審判員を取得。2年生になってからは本格的に取り組み、県サッカー協会審判委員会インストラクター部でFCダンシーマのスタッフ北村泰之さんらの指導を受けて着実にレベルアップしている。昨年夏に日本サッカー協会が審判員の普及・育成・指導強化を目指して全国を巡っている「レフェリーキャラバンin和歌山」にも参加。ことし2月には3級試験に挑み、筆記試験とインターバル走の体力試験を見事にクリアし、3級資格を取得した。小学生や中学生の試合の主審を務めることができる。

 「審判は迅速に正しい判断をするのが難しいけど、いろんな選手のプレーを見ることができて勉強になるし、楽しい」。高校ではサッカー部に所属し、技術や体力を磨きながら審判の勉強も続ける。「夢はサッカーワールドカップの決勝戦で笛を吹くこと」と笑顔で話し、「次の目標は2級審判員。合格できるように実績を積み重ねていきたい」と張り切っている。

 竹谷監督は「いろんな可能性を広げ、サッカーに関わり続けてほしい。大きな夢に向かって頑張ってほしい」とエール。北村さんも「高校生になれば全国大会や全国トレセン大会の主審を務める候補に、各都道府県から1人だけ選ばれる。県内から選ばれるよう、しっかり経験を積んでいってほしい」と期待を込める。

写真=中学生で3級審判員を取得した中西君

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る