プロと一味違う高校部活の感動

 毎年、3月には楽しみな舞台鑑賞の機会がある。日高高校・附属中合唱部、日高高校箏曲部の定期演奏会だ◆合唱部の定演は17日夜に開かれ、ミュージカル「アラジン」をはじめ練習の成果を保護者らに披露した。まっすぐな心のアラジン、勇気ある王女ジャスミン、パワフルでコミカルなランプの精ジーニー、存在感のあった悪い大臣ジャファー、愛敬たっぷりの側近イアーゴ、人のいい国王、それに歌声のハーモニーとダンスでステージを盛り上げる侍女や商人たち。総勢12人がそれぞれの役になりきり、個性を十二分に発揮しながら大ホールのステージにアラビアンナイトの世界を繰り広げる。オリジナルの脚本も分かりやすく、最初から最後まで観客の心を物語に引き込んでいた◆箏曲部の定演は、きょう21日午後1時半開演。こちらは創部50周年の記念すべき舞台となる。部員数は近年一桁の年も多く、ことしは9人。国際的に活躍する尺八奏者田嶋直士さんとの共演もある。入学して初めて触れた日本の伝統楽器を、数曲を奏でられるまでに弾きこなす。そのために一心に稽古に打ち込む、その姿勢が音に表れ、他のコンサートでは味わったことのない「凛」とした音を聴くことができ、いつも楽しみにしている◆縦のつながりが強いのも、両部が持つ力の一つ。合唱部のフィナーレではOB・OGも一緒にステージに立ち、力強く「翼をください」をうたった。箏曲部はOGが振袖で演奏に加わる場面がある◆9人、12人という人数は、高校の部活としては少ない。だが、人の心に感銘を与えるのは人数の多寡ではなく、その一つのステージに込められる思いの強さ。プロの舞台とは一味違う感動が、そこにはある。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. Run away!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る