スピノサウルス効果に期待

 魚食性恐竜スピノサウルス類の化石が、湯浅町の海岸で見つかった。スピノサウルスといえば恐竜の中ではティラノサウルスとどちらが最強かで議論されるほど、恐竜ファンの中では有名だ。特に人気映画の「ジュラシックパーク3」では主人公たちを追い回すとともに、途中で遭遇したティラノサウルスと死闘を繰り広げた後、首をへし折って倒す場面が描かれたことで、さらに人気となった。

 湯浅町ではそんなスピノサウルスの歯の化石が見つかった。「湯浅町にスピノサウルスがいるのなら、近くの日高地方の海岸でも生息していたのでは」と思った人、実は筆者もそう思っていたのだが、残念ながら違うようだ。14日に県立自然博物館で開かれた記者発表では地殻変動についての説明もあった。見つかった化石は約1億3000万年前で、当時はまだ日本列島ができていなかった。ユーラシア大陸から分離し、日本列島の元となる島ができ、そこに他の土地も形成されて日本列島となったわけだが、湯浅町周辺はその元となる島の一部とのこと。大陸の一部だったころのその島は東南アジアあたりだったようで、スピノサウルスもそのころに生息していた。ということなので、日高地方で生息していた可能性はかなり低いが、それでも周辺町で有名恐竜が発見されたことはロマンを感じるだろう。

 スピノサウルスの化石は日本では3例目、場所では2カ所目で西日本では初めて。全国的に恐竜の化石が見つかったところでは化石発掘イベントを実施するなどで地域活性化につなげている。湯浅町でも同様の取り組みが行われ、県全体にスピノサウルス効果が波及していくことを願いたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る