サクラが世界平和に貢献

 卒業や入学シーズンはサクラの季節でもある。日高地方でも桜スポットはたくさんあり、つい桜並木の道を選んで車を走らせてしまう。満開に咲き誇る姿は、やはり人を魅了する。気候も温かくなり、心が弾むという言葉がぴったり。散るときの桜吹雪も風情がある。もうすぐそんな景色が見られると思うだけで、ワクワクする。

 桜に魅せられるのは、日本人だけではない。100年以上前、アメリカ人女性が首都ワシントンのポトマック川沿いに植栽することを計画。その後、賛同者が増え、日本から贈られた苗木の植樹が実現。いまでは全米桜祭りとして約70万人が訪れるイベント、春の風物詩として定着している。桜は友好や平和の象徴として日本のイメージアップに貢献しているといえる。花を愛する気持ちは万国共通だ。

 アメリカより遠い北アフリカ、チュニジアにも日本からソメイヨシノが贈られ、ことし1月には現地で植樹式が行われた。このプロジェクトに御坊市の造園等の松樹園の林弘一代表が大きくかかわっているのは既報の通り。チュニジアはアラブの春のはしりで、民主化に成功、いまも上手くいっているという。農業と観光が主な産業で、地中海に面した海岸はヨーロッパからも観光客が訪れる人気のリゾート地。親日で、人の温かさを大いに感じたという。

 世界各地にサクラプロジェクトが広がればと願わずにはいられない。チュニジアの前にはイスラエルとパレスチナの国境に植樹する計画もあったという。サクラの咲く気候の地域すべてに植栽して「サクラ世界一周」なんて夢も膨らむ。きっと世界の人々の心を魅了するだろう。サクラが平和への一歩になるかも。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る