アクオに新スタジオプログラム登場

 社会医療法人黎明会の健康増進施設「メディカル&フィットネス アクオ」のスタジオプログラムに、元キックボクサーが考案したストレッチとエクササイズが新しく登場。柔軟性を高め、肩や骨盤の可動域を広げて引き締まったプロポーションを手に入れることができると好評だ。

 考案したのは、元キックボクサー阿佐美ザウルスさん(33)。阿佐美さんは現在、東京でストレッチサロンを経営し、プロゴルファーなどのボディメンテナンスも担当。キックボクシングの経験と、現役時代、タイへ単身ムエタイ修行に行った際に受けたタイ式マッサージの要素を取り入れ、独自のプログラム「ザウルス式ストレッチ」と「ザウルス式キックボクシング(エクササイズ)」を考案した。

 特徴はストレッチで柔軟性を高め、肩と骨盤の可動域を広げ、エクササイズはキックボクシングの動きの中で、手足を振り子に体をでんでん太鼓のようにひねることで、体幹軸を鍛え、全身を引き締める。他のトレーニングは鍛えることで筋肉を太くしてしまうが、このザウルス式は使う筋肉を選び、深部を鍛えるので、理想の体型に近づけることができるという。

 プログラムは、骨盤を前傾30度に維持して美しい姿勢を手に入れ、肩甲骨の可動域を広げて肩こりなどを予防。横隔膜に柔軟性を持たせ、肺活量を大きくすることを目標にしている。

 阿佐美さんは「ストレッチはマッサージの施術を受けるようなものなので、運動嫌いの方にもオススメ。ゴルフや水泳、野球などのパフォーマンスの向上にもなるので、スタイルアップ以外の人にも体験してもらいたい」と話している。

 ザウルス式ストレッチ、ザウルス式ボクシングの両プログラムとも、阿佐美さんから技術指導を受けたアクオスタッフがマンツーマンで施術、指導。現在、新プログラムスタートキャンペーンを実施中。

 プログラムに関する問い合わせはアクオ℡0738―23―3333。

写真=エクササイズを指導する阿佐美さん㊨

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る