みなべの鶴の湯で温泉まつり

 地域の活性化に取り組む住民団体「スマイルライフ」(芦硲幸至会長)は3日に同町熊瀬川の鶴の湯温泉で温泉まつりを催し、模擬店や舞台発表などが行われた。「地域の振興は鶴の湯が開設されたおかげ」と感謝を込めた恒例のイベント。町内外から大勢の人が訪れ、温泉に浸かったり催しを楽しんだりして早春のひとときを過ごしていた。

 「鶴の湯温泉は1994年に保養施設として開設後、地域内を通る道路の改良が進んだ。都市と農村の交流にもつながった」として、感謝の気持ちを込めて1999年から始まった。当初は地元区主催で開催していたが、10年間で終了。2012年からスマイルライフが復活させた。

 駐車場では地域の女性らの協力で、模擬店で地元の食材を販売。大根などの野菜、焼き鳥、さば寿司、カレーライス、桜もちなどが並んだ。開店前から大勢の人が訪れ、店員らと会話を楽しみながら買い求める姿がみられた。午後の舞台発表では、よさこい踊りプラリズム梅舞ジュニアがトップで登場。きらびやかな衣装で「やっぱ紀州」などの曲に合わせ軽快に踊った。舞踊「さざみの会」、津軽三味線「勝謡津軽三味線愛好会」も練習の成果を披露し、会場からは大きな拍手が送られていた。最後は餅投げで締めくくった。芦硲会長は「地域の皆さんにも協力していただいた。これからも継続できるように取り組み、イベントを通じて温泉の活性化にもつなげていきたい」と話していた。

 鶴の湯温泉はナトリウム・炭酸水素塩泉で、効能は神経痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、慢性消火器病、疲労回復など。

写真=模擬店で飲食品を販売

関連記事

和歌山南陵高校卒業式2019

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る