みなべで手づくりストリート

 商店街を活性化させようと、みなべ町商工会(植田英明会長)は9日に北道や南道地内の商店街通りで「みなべ手づくりストリート」を開催。大勢の人でにぎわった。空き店舗などを利用してアクセサリーなどの手作り品が販売され、買い物客は各店を回りながら楽しいひとときを過ごした。南部小学校体育館では舞台発表、ゲームなども行われた。

 昨年、「商店街に大勢の人が来てもらいたい」と小売店などに関わる女性たちで組織する「みなべおかみ元気会」が初めて開催。2回目の今回は町商工会が主催した。中央通り商店街、すずらん通り、高見通りの商店街で、空き店舗や空き地などを活用。アクセサリー、着物のリメイク品、小物、かばんなど、公募で集まった34店舗が出店された。

 家族連れや友達同士で訪れた来場者らは各店舗をゆっくりと見て回り、店主と会話したり買い物を楽しんだりする姿がみられた。田辺市芳養町の森田竜一さん(53)は「手づくり品を見て回るだけで楽しい。普段は車で通るだけの商店街ですが、ゆっくりと楽しむことができました」、海南市から夫婦で訪れた久保田方子さん(63)は「自分でも服やかばんをつくったりして楽しんでます。興味を引かれるお店ばかりです」、かばんやアクセサリーなどで出店した田辺市の長井利香子さん(45)は「こういう機会があると自分の手作り品を販売できるし、大勢の人に見てもらうこともできる」と話していた。

 近くの南部小学校体育館では職業体験コーナー、昔の遊びづくりなども行われ、ステージではジュニアバンド、南部高校吹奏楽部が演奏を披露した。射的や輪投げなどの「縁日」も人気を集めていた。

 夕方からは商工会館前から南部小学校近くにある鳥居まで約50㍍の道路を歩行者天国とし、梅酒や焼き鳥、ピザなどの飲食販売。夜には小学生らの夢や願いを書いた灯籠約300個が中央通商店街にずらりと並び、幻想的な雰囲気を演出していた。

写真=手作り品を買い求める女性客ら

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで歩くと楽しいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る