そして、星の輝く夜がくる

真山仁著 講談社 1500円(税別)

東日本大震災から、11日で丸8年を迎えます。巨大な地震と津波により、一瞬にしてまちが変わり果てたあの日から2900日余り。本作は、自身も阪神・淡路大震災で被災した「ハゲタカ」シリーズの真山仁がいまから5年前、3年の月日をかけて紡ぎ出した希望と祈りの物語です。

物語 大震災の爪痕が生々しく残る東北の小学校に、神戸から応援教師として派遣されてきた教師小野寺。かつて、自身も阪神・淡路大震災で妻と子を亡くした経験を持つを彼は、校長の強い要望で6年2組を受け持つことになり、「まいど!」と陽気な関西弁で子どもたちに寄り添う。クラスには津波で親やきょうだいを失った子、住む家を失った子もいれば、福島から転校してきてひそかに「ゲンパツ」とあだ名をつけられた東電社員の子どももいる。小野寺は「被災地の子どもは遠慮なんかするな」「我慢なんかするな」と、常に子どもたちの側に立って傷ついた心を癒やそうとするが、そのむき出しの本音が保護者や仲間の教師、ボランティアとの間で摩擦を起こす。
「子どもの視点から見える震災を書きたかった」というのがこの小説の出発点。子どもが大人に対する不満や怒りをストレートにぶつける学級新聞をめぐる騒動を描く「わがんね新聞」、東電社員の子どもと友達の交流を描く「〝ゲンパツ〟が来た!」、津波が来た際、教え子の手を引きながら、予期せぬアクシデントで手を放してしまい、その児童が亡くなった若い女性教師の苦悩を描く「さくら」など6つの短編で構成され、どれも日本人にならではの思いやり、気遣いの微妙なバランスがテーマです。

忘れたくても忘れられず、忘れたくなくても忘れてしまう震災の記憶。神戸や東北の衝撃が薄れつつあるすべての日本人に読んでほしい作品です。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る