高みを目指し新たな一歩

 華々しいスポーツの世界でも、選手一人一人はそれぞれに苦労や葛藤を乗り越えて大舞台に立っている。選手の数だけドラマがあるのだとあらためて感じさせられた。先日、オリンピック・パラリンピックフラッグツアーの一環で、元バレーボール日本代表で2012ロンドン五輪銅メダリストの井上香織さんが名田中学校で講演した。社会人8年目で日本代表に選ばれた遅咲きながら、2010年世界バレーではブロック決定本数でトップに輝き、32年ぶり銅メダル獲得に貢献した名プレーヤーだ。

 所属チームでも日本一に輝くなど「何でこんなにうまくいくのかな」と思うぐらい絶頂期にあった中、突然、右肩の亜脱臼を発症。手術と治療で半年後に復帰したが、再び発症。もうオリンピックには間に合わないかもしれない、引退も思い浮かんだが、諦めずに努力したことがロンドン五輪でのメダル獲得につながった。「夢をかなえた人がすごいのではない。夢をかなえるために努力した人がすごい」という言葉が印象に残った。夢や目標に向かって努力する過程が最も重要、すべてのことに当てはまることだ。

 これから卒業シーズン。地元を離れ、夢に向かって新たな一歩を踏み出そうとしている選手がたくさんいる。女子バレーでは県外の強豪高校に進学する中学生、女子サッカーでは大阪のクラブチームに入団する小学生がいる。筆者の友人の子どもは、柔道の高みを目指して中学から東京に拠点を移す。やってやろうという志、諦めない強い心があればどんな困難も乗り越えられることを井上さんは教えてくれた。近い将来、次のステージで活躍する選手たちの記事を書くことを楽しみにしたい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る