骨髄バンクへの関心高まる

 競泳女子の池江璃花子選手(18)が12日に白血病を公表したことを受け、治療の一つとされる骨髄移植に注目が集まり、全国で骨髄ドナー(提供者)登録に関する問い合わせが急増。御坊保健所でも14日までに数件の問い合わせがあった。日高地方でも関心が高まっており、同保健所は19日に印南町で開く献血併行型骨髄バンクドナー登録会をPR。「ドナーはまだまだ足りない状況で協力いただきたい」と呼びかけている。

 「ドナー登録するためにはどうしたらいいですか」。御坊保健所に寄せられた問い合わせは、12日以前は本年度1件だけ。池江選手の白血病公表を受けて全国的にドナー登録を希望する声が急増しており、和歌山赤十字血液センター田辺出張所にも多くの問い合わせが寄せられているという。

 厚生労働省、日本骨髄バンク、日本赤十字社の「ドナー登録のしおり」によると、骨髄移植に必要な白血球型は、兄弟姉妹で4分の1の確率で一致するが、それ以外は数百から数万分の1の確率でしか一致しない。日本骨髄バンクに登録している骨髄移植希望者は、昨年末現在で2930人、県内は7人となっている。

 日本骨髄バンクのドナー登録者は昨年末で約49万人、県内は5874人。対象人口1000人当たりの登録者数でみると、全国で9番目に高い水準となっている。一方、全国的に提供可能上限の55歳を過ぎて登録が取り消される数も多く、関係機関がドナー登録への理解、協力を求めている。

 御坊保健所は毎月1回、献血に併行して骨髄バンクのドナーを受け付ける登録会を開いており、19日は印南町役場前の献血バス付近で午前9時から正午まで、午後1時から4時まで実施。ドナーは18歳から54歳までの健康な人で体重が男性45㌔以上、女性40㌔以上あれば登録できる。注意や説明を受けたあと、2㍉㍑の採血で、献血の待ち時間にもよるが、10分から15分あれば終了。当日は和歌山血液疾患患者家族の会「ひこばえ」のメンバーと保健所職員が説明員を務める。

 保健所の担当者は「移殖を待っている方は国内外で3000人近くおられます。骨髄バンクについて正しく理解し、ドナー登録していただきたいと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る