解説本「戦国和歌山の群雄と城館」発刊

 和歌山城郭調査研究会(白石博則代表)の編集による「戦国和歌山の群雄と城館」が戎光祥出版から発刊された。県内に残る中世の城跡90カ所について、図面や写真を交え詳細に紹介。日高地方では亀山城主の湯河氏、手取城主の玉置氏の城館をはじめ17カ所が掲載されている。執筆会員の1人、池田尚生さん(75)=御坊市島=は「地元の城館についても詳しく書いていますので、お役に立てていただければと思います」と話している。

 「図説 日本の城郭シリーズ」の第12巻として出版。3部構成で、1部は中世の紀伊国守護だった畠山氏の城館20カ所、2部は「紀伊国人たちの城館」として湯河氏、玉置氏らの城館38カ所、3部は「宗教勢力の城館」として高野山や雑賀衆、熊野三山などの城館32カ所を紹介している。

 湯河氏の城館は御坊市、日高町、美浜町、印南町、田辺市の13カ所。池田さんは本城である亀山城、紀央館高と湯川中敷地にまたがる小松原土居(小松原館)の執筆を担当した。

 湯河氏について「日高平野のシンボル的な亀山の山頂に城を築いた湯河氏は、南北朝の頃、日高地方に進出し、標高三十メートルの蛭ケ崎に陣を構え、在地の豪族を制圧したのち亀山城を拠点としたといわれている」と説明。亀山城は「山全体に曲輪(くるわ)を配した大規模な山城」「堀跡はなく、小規模な曲輪をあ階段状に配置して、高い切岸と一体化で防御した」等、構造を詳しく紹介している。

 池田さんは「中世の城は、現在はまったく残っておらず城跡だけ。山に登って調査するのは大変な作業で、私も最近はなかなかできていません」とし、「平成元年に発足した当会が30周年を迎えた記念の本となりました。多くの方に参考にしていただければうれしいです」と話している。

 執筆に当たった会員は20人。日高地方では池田さんのほか、渡瀬敏文さん(御坊市出身、みなべ町在住)が鹿ケ瀬城、鶴ケ城、衣笠城、中峰城を担当した。全297ページ、定価は2600円(税別)。全国の書店で注文できる。

写真=「戦国和歌山の群雄と城館」 を手に池田さん

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る