虐待から救う方法は

 千葉県で、実父から虐待を受けていた小学4年の女児が死亡した事件。通っていた小学校で女児が「お父さんからぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」とSOSを出したいじめアンケートを、父親に見せていたというあまりにも不適切な対応には怒りを通り越してあ然としてしまった。千葉県に引っ越してくる前に住んでいた沖縄県の担当者からの引き継ぎが不十分だったこと、一時保護から父親の元に女児を帰した千葉県の児童相談所の判断の甘さなど、報道を見る限り、不適切だったと言われても仕方がない。

 虐待を受けて死亡する事件が後を絶たない。今回の事件でもそうだが、「どこかで止められたんじゃないのか」という思いは誰しもある。しかし、ではどうしていたら本当に女児を助けることが出来たのだろうか。残念ながら知識が浅い筆者には分からない。テレビ等でも不適切な対応の批判はよく聞くが、「なるほど」と納得できるような対応策を提案している人は見たことがない。ケースは個別に違い、それだけ難しい問題であるということなのだが、では防ぐことはできないのだろうか。

 同じような事件は何度も起こってきたが、その後、あの事件はあの時点でこのような対応をしていれば防げた可能性が高い、という検証結果を見たことも聞いたこともない。検証されているのかどうかも分からない。逆に、適切な対応によって救われた事例もあるだろう。そのような情報を専門機関だけでなく、皆が共有することが、地域でのセーフティネットを構築する第一歩ではないだろうか。事件になって初めて明るみになるが、いまも虐待に怯え、苦しんでいる子どもがいると思うと胸が痛い。(片)

関連記事

すいせん祭2019

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る