美浜町長選中盤 有権者に聞く

 3選を目指す現職森下誠史氏(63)=三尾=と、元美浜町役場健康推進課長の新人籔内美和子氏(56)=浜ノ瀬=が激しい一騎打ちを繰り広げている美浜町長選は、早くも中盤に差しかかった。目立った争点はないが、若者からお年寄りまで有権者の関心は高く、次の4年間、町の舵取り役を担うリーダーにはとくに「防災対策の推進」「子育て支援策の充実」を望む声が寄せられている。

 本紙は対面と電話で有権者50人にアンケートを実施。20代から80代までの男女に、「次期町長に望む施策」を聞いた。

 回答トップの「防災対策」と「子育て支援」はそれぞれ10人。以下は「道路整備」と「とくになし」が各5人、「地域活性化」「観光振興」「いま取り組んでいる事業の継続、早期完成」が各3人で続いた。

 「防災対策」は松原地区高台津波避難場所が完成したが、「地域に偏りのない、きめ細かな対策をお願いしたい」(田井の30代会社員男性)、「高齢者の人が多く、遠くまで逃げられない。もっと身近に避難場所がほしい」(吉原の60代会社員男性)などの意見。南海トラフの巨大地震が発生すると、町内平野部の約90%が浸水するとの想定があり、「対策は進んでいるが、まだまだ」と住民の不安解消には至っていないことを示した。「子育て支援」については「もっと優遇してほしい」(和田の30代パート女性)、「子や孫世代のために」(和田の60代無職男性)、「1人目の子どもにお金がかかり、2人目を産むのが難しい」(吉原の20代会社員女性)などの声が上がり、具体的には子ども医療費無料化枠の高3までの拡大、おむつ代補助、ファミリーサポートセンター設置、インフルエンザ予防接種助成などの要望があった。

 少数意見では「役場がどんな仕事をしているか、もっと分かりやすく伝えてほしい」(三尾の30代会社員男性)との情報発信・公開への注文、「役場へ行ったときに職員のあいさつがない」(和田の60代主婦)との住民対応の改善・向上の指摘や、「もっと町民の意見をくみ取ってほしい」(三尾の50代自営業女性)などが出ていた。

 50人中、「投票に行く」有権者は49人。昨年末に新人の出馬が表面化した急な選挙戦だが、次のリーダーに解決してもらいたい課題が町内にはまだまだあるようで、町民の関心は高いといえそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る